カラコン度あり1年タイプのメリット・デメリット

度ありカラコンの1年タイプのメリットは、断然『安さ』です!
ワンデーか1年タイプかによって、料金は大きく違ってきます。

衛生的な面ではワンデーカラコンに軍配!

ワンデーは衛生的という意味ではおススメなのですが、その分消耗も早く、購入サイクルが早くやってきます。
その結果、カラコンの費用が1年タイプよりも割高になってしまいます。
度ありカラコンを毎日使用する人は、ワンデータイプを使用すると、1カ月両眼で1万円前後かかる可能性があります。
毎月1万円前後の出費は痛くないと言う人だったら、目の衛生面のためにも、ワンデータイプの度ありカラコンでも良いと思います。
しかし、「毎月1万円もカラコンにかけられない!」という人であれば、やはり1年タイプの度ありカラコンの方がおススメです。

価格重視派にはマンスリータイプがおススメ!

マンスリータイプもありますが、マンスリータイプでは、衛生面・価格の両方において中途半場で、あまりメリットが感じにくいのがネックです。
やはり価格重視派には、1年タイプの度ありカラコンがおススメです。
特に安さを求めて、個人輸入の海外カラコンなどに慣れるのであれば、しっかり日本で高度管理医療機器の承認を得ている1年タイプのカラコンを使ったほうが断然安全です!
個人輸入のカラコンは、万が一、目にトラブルがあった時にも『自己責任』になってしまいます。
いくら安い方が良いとはいえ、やはり海外のカラコンは避けたいものです。
その点、国内の1年タイプの度ありカラコンは、ちゃんと高度管理医療機器の承認も受け、『安全性』も価格も◎なので、一番コスパが良いと言えます。